RayLeight: レイリー散乱を用いたマトリクスディスプレイの提案

本研究では、青空や夕焼けを生むレイリー散乱という現象に着目し、アクリルエマルジョンが溶け込んだ溶液と光源を組み合わせることで、レイリー散乱を応用したディスプレイを制作する。本システムにより、日常生活に馴染んだ印象的な情報提示を目指す。
その第一歩として、次のような実験・実装を行った。まず、溶液の濃度や白色光を照射する向きによって発色がどのように変化するかを検証し、ディスプレイの基本部品(透明の角型容器に溶液を封入したもの)を作成した。部品をマトリクス状に並べ、底面に配置した白色LEDで照らすことで、任意の部品の色を変化させるディスプレイを試作した。

コンセプト:(1) レイリー散乱現象を引き起こす素材を、取り回しが容易で配置の自由度が高い形に加工(部品化)し、(2) 光源と組み合わせたディスプレイを設計する
試作したディスプレイの表示例:4 × 2 に部品を配置して底面LEDを全点灯したときの側面(左)と上面(右)の写真

発表

  • 袴田 結女, 沖 真帆, 塚田 浩二. RayLeight : レイリー散乱を用いた立体ディスプレイの試作. WISS2022予稿集, デモ発表, 3-A08. 2022-12. [PDF]
  • 袴田 結女,沖 真帆,塚田 浩二.RayLeight: レイリー散乱を用いたマトリクスディスプレイの提案.研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC),2022-EC-63(12),pp.1-7.2022-03-11.[PDF]

MagTile:多様な操作が可能なマグネット式インタフェースの提案

本研究では、磁石のフィードバックを利用した入力デバイスを提案する。ボードとスイッチの2つのモジュールで構成され、ボードにスイッチを乗せて動かすことで操作する。操作方法は、回転・ピボット・押すの3種類に対応する。2つのモジュールには磁石が埋め込まれており、操作した際のフィードバックを触覚や音で得ることができる。また、操作をセンシングする電子回路はボード部/スイッチ部の一方に埋め込めばよいため、用途で使い分けることができる。

システム構成
磁石によるフィードバックを活用した3種類の操作
MagTileを用いた応用例の一つ。3種類の操作を使って、ボード裏に配置したLEDの色変更・輝度調整・全面への反映を行う。
MagTileを用いた応用例の一つ:研究室紹介装置。メンバーの名前が書かれたスイッチにIDタグを埋め込み、装置で固有IDを識別することで、そのメンバーのプロフィール情報や研究プロジェクトを表示/切り替えする。

発表

  • 情報処理学会 EC研究会2021年度学生優秀賞 受賞.
  • 晴山 京汰,塚田 浩二.MagTile:多様な操作が可能なマグネット式インタフェースの試作.研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC),2022-EC-63(14), pp.1-8.2022-03-11. [PDF]
  • 晴山 京汰,塚田 浩二.多様な操作が可能なマグネット式インタフェースの提案.WISS2021予稿集.デモ発表,3-B04. 2021-12.[PDF]

StandOuter:第三者の視点を考慮した姿勢改善手法

人間は長年の生活の中で様々な生活習慣や癖が身につくが,健康に悪影響を及ぼしたり,悪い印象を与える悪癖や悪習慣も存在する.しかし,癖の多くは無意識に現れるので,本人が気づく事は難しい.そのため,癖の矯正には,第三者から癖の発生を指摘してもらうことが大切である.また,悪癖を改善するためには,悪癖の発生時にユーザがそれを認識し矯正すること,長期的にその悪癖を改善しようとするモチベーションを保つことが重要である.
本研究では立姿勢や着座姿勢という人間の姿勢の悪癖に焦点をあて,第三者の視線を考慮しつつ姿勢が乱れたその場を中心に悪癖の発生を通知するシステム「StandOuter」を提案する.また,リアルタイムで第三者への通知を行うフィードバック手法の効果について評価実験を行った結果,姿勢改善の意識付けを与える効果が期待できること,第三者から矯正の指摘を受けやすくなることが分かった.

対外発表

  • 西田 樹, 塚田 浩二, StandOuter: 第三者の存在を考慮した姿勢改善手法の提案, 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), vol.2018-HCI-177, No.17, pp.1 – 7, 2018. [PDF]
  • Tatsuki Nishida and Koji Tsukada, StandOuter: interactive outerwear for improving posture using self-conscious feelings, In Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp ’17). pp. 273-276, Sep, 2017. [PDF]
  • 西田 樹,沖 真帆,塚田 浩二, StandOuter: 第三者の視点を考慮した姿勢改善手法の提案, ソフトウェア科学会 WISS2016論文集, pp.305-306, 3-A21, Dec,2016. [PDF]

FabClock: 柔軟な時間表現を行うツールキットの提案

FabClockは,筐体/機能共に拡張性を持たせた,ユーザーの好みに合わせて柔軟な時間表現を行うことができる壁時計ツールキットです.入手性の高い最低限の部材で構成されており,レーザーカッターを使用できる環境があれば,世界中で誰でも簡単に製作できることを目標に設計をしています.筐体はレーザーカッターを用いた部品で構成されるため,ユーザーの好みに合わせた形状の筐体を製作することができます.FabClockには60個のフルカラーLEDが実装されているLEDテープが,筐体の外側の円周に配置されており,壁に光を投影することで,その光の位置や色などにより,時間表現を行います.また,そのLEDテープを制御するマイコンにはBluetoothモジュールが搭載されており,専用のスマートフォンアプリを用いて,ユーザーは時間表現の柔軟な制御を行うことができます.

FabClockの使用例
FabClockの使用例
FabClockの部品一覧
FabClockの部品一覧
FabClockの外装例
FabClockの外装例
FabClockのシステム構成図
FabClockのシステム構成図

対外展示

  • 太田 啓介,沖 真帆,塚田 浩二, FabClock: 柔軟な時間表現を行う壁時計ツールキットの提案, ソフトウェア科学会 WISS2015論文集, pp.115-116, 1-R03, Dec,2015. [PDF]
  • 作品展示.太田 啓介,塚田 浩二,「FabClock」,GUGEN2015,秋葉原コンベンションホール,2015/12/19.

Sync☆Idol: ライブアイドルとファンを盛り上げるライブ支援アクセサリ

近年,メディアにはほとんど露出せず,ライブハウスなどの小規模会場でのライブを中心に活動を行なうライブアイドルの活動が活発になっています.こうしたライブアイドルのコンサートは,一般のミュージシャンの場合と比べてステージとファンとのコミュニケーションが重視される特徴があります.本研究では,コンサートでファンの応援に連動して,アイドルの身につける装身具の外観が変化することで,ライブを盛り上げるシステム「Sync ☆ Idle」を提案します.

sync-idol
試作機の外観

発表

  • 堂林 まどか,沖 真帆,塚田 浩二, Sync ☆ Idol:ライブアイドルとファンを盛り上げるライブ支援装置, ソフトウェア科学会 WISS2015論文集, pp.155-156, 2-R07, Dec,2015. [PDF]

LEGOrics: 外観を保ちつつ電気的に拡張したLEGOブロックの提案

近年、ブロック状のモジュールを組み合わせてインタラクティブに動作するシステムが数多く提案されている。しかし、これら既存のシステムの多くはブロックの形状が特殊であったり、電気的な配線を外部に取り回したりすることが多く、ブロックとしては扱いにくく美観も損ねてしまう問題があった。
本研究ではこれらのブロックの中でも特に古典的なLEGOブロックに着目し、その同じ形状・外観を保ちつつ、インタラクティブに動作する新しい電子ブロック「LEGOrics」を提案する。

legorics 光ってる写真
LEGOricsの外観

対外発表

  • 熊谷 明音,沖 真帆,塚田 浩二: LEGOrics: 外観を保ちつつ電気的に拡張したLEGOブロックの提案,情報処理学会 インタラクション2015論文集,インタラクティブ発表(プレミアム発表,一般公開発表),pp.598-601 (Mar, 2015). [PDF]
Scroll to top