EC研究会2021年度学生優秀賞 を受賞

2021年度卒業生である晴山京汰君の以下の研究発表・論文が、情報処理学会EC研究会の2021年度学生優秀賞 として表彰されました。

学生優秀賞
EC63
MagTile:多様な操作が可能なマグネット式インタフェースの試作
〇晴山京汰(公立はこだて未来大学), 塚田 浩二(公立はこだて未来大学)

https://entcomp.org/sig/?page_id=680

関連するページ

第198回HCI研究会で発表

2022年6月16日・17 日にオンラインで開催された第198回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会にて、以下の発表を行いました。

  • 友広 純々野, 塚田 浩二.動画視聴時の私的発話を可視化するシステムの提案.研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),2022-HCI-198,vol. 7,pp.1-6.2022-06-16.[PDF]

2022年度未踏IT人材発掘・育成事業の採択

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)による2022年度未踏IT人材発掘・育成事業に、本研究室に所属する島元さんのプロジェクトが採択されました。

採択者:島元 諒(修士2年)
テーマ:UVプリンタを用いたラインストーン造形システムの開発
プロジェクト概要:https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2022/gaiyou_ok-3.html

島元さんの過去の研究はこちら:カスタマイズ可能な二次元レンチキュラを用いた多視点情報提示手法

※ 2022年6月24日に、プロジェクト概要のURLを修正しました

レーザーカッター&UVプリンタセミナー(学内)

塚田研究室では、学生の学び&刺激のために技術習得セミナーを開催しています。5月に開催した電子工作セミナーもその一端なのですが、今回はレーザーカッターとUVプリンタについて学び使ってみる会を開きました。

M2の島元さんが講師となって
 -  illustratorの使い方を学んで印刷用データを作成
 -  レーザーカッターとUVプリンタで印刷
を2日に分けて行いました。
UVプリンタは、透明インクによってグロス/マット仕上げを施したり小さな凹凸を作ることができます。これ活用して、見る角度によってきらきらするものや、指でなぞると独特の触感がある制作物もありました。セミナーの様子と制作物を以下に掲載します。

電子工作セミナー(学内)

2022年5月17日に、電子工作セミナーを塚田研究室と角研究室と合同で行いました。M5StickC(色々入っているディスプレイ付きマイコン)の扱いを学ぶハンズオンを行った後、グループに分かれてアイデア出しや実装を行うワークショップを実施しました。最後に、簡単な成果発表をしてもらいました。各グループの発表がとても面白かったのですが、ここではセミナーの雰囲気がわかる写真を少し掲載します。

ワークショップの開催

2022年3月20日に、FabLab SENDAI さんにて【 角度を変えるとイラストが変わる!キーホルダーワークショップ 】を開催しました。UVプリンタで作ったレンズシートと画像パターンを重ね合わせて、見る角度によって違う絵柄に変化するキーホルダーを作る内容です。
こちらには、修士学生の島元諒さんが取り組んでいる研究、カスタマイズ可能な二次元レンチキュラを用いた多視点情報提示手法 の技術が使われています。
キーホルダーのサンプル動画とワークショップ中の写真の一部を、以下に掲載いたします。


ご参加くださった方々、また、場の提供のみならず様々なサポートを行ってくださった FabLab SENDAI の小野寺さんと大網さん、ありがとうございました!何かご意見がございましたら、島元さんかこちらのWebフォームまでご連絡ください。

第63回EC研究会で発表

2022年3月18日にオンラインで開催された、第63回情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会研究発表会にて、学部4年の2名が以下の発表を行いました。

  • 袴田 結女,沖 真帆,塚田 浩二.RayLeight: レイリー散乱を用いたマトリクスディスプレイの提案.研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC),2022-EC-63(12),pp.1-7.2022-03-11.[PDF]
  • 晴山 京汰,塚田 浩二.MagTile:多様な操作が可能なマグネット式インタフェースの試作.研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC),2022-EC-63(14), pp.1-8.2022-03-11. [PDF]

インタラクション2022:デモ発表・受賞

2022年2月28日から3月2日にオンラインで開催された国内学会インタラクション2022にて、以下のインタラクティブ発表を行いました。塚田研所属の学部4年生の研究5件と、プロジェクト学習(※本学3年生向けの通年授業)から2件です。

  • 山本 侑吾,塚田 浩二.可変抵抗に操作感を付与するためのインタラクティブな機構モデリング支援ツール.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表,1D-07,pp.160-163,2022-02-28.[PDF]
  • 佐藤 佑亮,塚田 浩二.自動車内の状況を反映可能なスマートステッカーの提案.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表(プレミアム発表),3D-03,pp.400-402,2022-03-01.[PDF]
  • 近藤 勝伍,塚田 浩二.鬼剣舞の練習を支援するシステムの提案.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表(プレミアム発表),4D-03,pp.522-525,2022-03-01.[PDF]
  • 阿保 信宏,塚田 浩二.PartsSweeperを拡張した部品整理手法の提案.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表(プレミアム発表),4D-05,pp.529-533,2022-03-01.[PDF]
  • 野間 直生,塚田 浩二.車内コミュニケーションを支援する視点共有手法の提案.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表(プレミアム発表),6D-02,pp.751-754,2022-03-02.[PDF]
  • 迫田 海斗,渡会 隆哉,長嶺 和弥,椛沢 昂希,齋藤 巴菜,岡本 誠,竹川 佳成,塚田 浩二,佐藤 直行,伊藤 精英.SENSE OF LIFE:動物の鼓動を比較/体感可能な触覚提示装置.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表,5D-12,pp.681-683,2022-03-02.[PDF]
  • 家山 剣,古町 昂大,和田 颯平,丹野 夏海,塚田 浩二,安井 重哉.POP UP SHELF:物理的に本を駆動可能なインタラクティブな本棚の提案.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表,6D-07,pp.773-775,2022-03-02.【インタラクティブ発表賞(一般投票)】[PDF]

このうち、学部3年の家山君達の発表が、3日目のインタラクティブ発表賞(一般)を受賞しました。この発表内容に関する動画を以下に掲載します。

Interaction Elements2021 : POP UP SHELF


また、発表に関するキャプチャを掲載します。みなさまお疲れ様でした。

WISS2021:発表・受賞

2021年12月8~10日に開催された 第29回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2021) に参加し、以下の発表を行いました。川谷君はサイバーエージェント賞を受賞しました。

  • 晴山 京汰,塚田 浩二.多様な操作が可能なマグネット式インタフェースの提案.WISS2021予稿集.デモ発表,3-B04. 2021-12.[PDF]
  • 島元 諒,塚田 浩二.UVプリンタを用いた二次元レンチキュラのカスタマイズ性の検討と試作.WISS2021予稿集.デモ発表,3-R-13.2021-12.[PDF]
  • 川谷 知寛,塚田 浩二,栗原 一貴.実世界と順序型コンテンツを連携したIoTプログラミング学習支援システム.登壇発表(ロング)/デモ発表.WISS2021予稿集,pp.43-49.2021-12.[PDF]【サイバーエージェント賞】

今年のWISSは、現地とオンラインを組み合わせたハイブリッド方式で開催されました。現地・遠隔からの発表者・参加者が混在し、オンライン会議ツールやチャットツール等を活用しながら各研究について議論が行われました。
塚田研メンバーは現地会場(静岡県浜松市)に参加しました。その様子の一部を写真でお届けします。

たくさんのフィードバック、ありがとうございました。
WISS運営のみなさま、発表者のみなさま、参加者のみなさま、おつかれさまでした!

Scroll to top