FabClock: 柔軟な時間表現を行うツールキットの提案

FabClockは,筐体/機能共に拡張性を持たせた,ユーザーの好みに合わせて柔軟な時間表現を行うことができる壁時計ツールキットです.入手性の高い最低限の部材で構成されており,レーザーカッターを使用できる環境があれば,世界中で誰でも簡単に製作できることを目標に設計をしています.筐体はレーザーカッターを用いた部品で構成されるため,ユーザーの好みに合わせた形状の筐体を製作することができます.FabClockには60個のフルカラーLEDが実装されているLEDテープが,筐体の外側の円周に配置されており,壁に光を投影することで,その光の位置や色などにより,時間表現を行います.また,そのLEDテープを制御するマイコンにはBluetoothモジュールが搭載されており,専用のスマートフォンアプリを用いて,ユーザーは時間表現の柔軟な制御を行うことができます.

FabClockの使用例
FabClockの使用例
FabClockの部品一覧
FabClockの部品一覧
FabClockの外装例
FabClockの外装例
FabClockのシステム構成図
FabClockのシステム構成図

対外展示

  • 太田 啓介,沖 真帆,塚田 浩二, FabClock: 柔軟な時間表現を行う壁時計ツールキットの提案, ソフトウェア科学会 WISS2015論文集, pp.115-116, 1-R03, Dec,2015. [PDF]
  • 作品展示.太田 啓介,塚田 浩二,「FabClock」,GUGEN2015,秋葉原コンベンションホール,2015/12/19.

Sync☆Idol: ライブアイドルとファンを盛り上げるライブ支援アクセサリ

近年,メディアにはほとんど露出せず,ライブハウスなどの小規模会場でのライブを中心に活動を行なうライブアイドルの活動が活発になっています.こうしたライブアイドルのコンサートは,一般のミュージシャンの場合と比べてステージとファンとのコミュニケーションが重視される特徴があります.本研究では,コンサートでファンの応援に連動して,アイドルの身につける装身具の外観が変化することで,ライブを盛り上げるシステム「Sync ☆ Idle」を提案します.

sync-idol
試作機の外観

発表

  • 堂林 まどか,沖 真帆,塚田 浩二, Sync ☆ Idol:ライブアイドルとファンを盛り上げるライブ支援装置, ソフトウェア科学会 WISS2015論文集, pp.155-156, 2-R07, Dec,2015. [PDF]

CARduino:自動車での利用に適したデバイスツールキット

Arduino などのマイコンベースのツールキットが普及し,様々な場面で利用されるようになりました.例えば,代表的なArduino UNOと比べ入出力端子を増やした「Arduino Mega」,Arduino UNOより小型な「Arduino Pro Mini」や他のデバイスとワイヤレスで通信することが可能な「BlendMicro」などがありますが,特定の状況での利用を想定しているものは多くありません.本研究では,マイコン/センサ/アクチュエータを自動車の中で利用することに焦点を当て,既存のツールキットを車内に設置する際に生じる外観/電源/固定等の問題を解決でき,電子工作の初学者にも扱いやすいArduino互換のデバイスツールキット「CARduino」を提案します.車内での利用に適するように,可能な限り小型のデバイスを目指し回路設計や筐体設計を行い,プロトタイプを試作しました.

CARduino の外観
装着イメージ
動作の簡略図

対外発表

  • 山本貴文,沖真帆,塚田浩二: CARduino: 自動車での利用に適したデバイスツールキット,ソフトウェア科学会 WISS2014論文集, pp. 189-190 (Nov, 2014). [PDF]
  • 山本 貴文, 塚田 浩二, 沖 真帆, CARduino: 自動車での利用に適したデバイスツールキット, 情報処理学会第45回ユビキタスコンピューティング研究会, 2015-UBI-45(13), pp.1-6, Mar, 2015. [PDF]
  • 池田昂平, 山本貴文, 木村和弘,作品展示,第9 回金の卵オールスターデザインショーケース,AXIS Gallaly(六本木),2014/08/28-09/07,http://www.axisinc.co.jp/building/eventdetail/344

CookSum:動画レシピ作成支援システム

現在,料理のレシピは数多く存在するが,その多くは文字や画像で説明されたものである.しかし,素人が文字や画像のみのレシピを参考にしてその通りに料理を再現することは難しい.そこで,本研究では,調理の様子を確認可能な動画レシピに着目し,短時間で効率的に閲覧可能な「高速動画レシピ」の作成を支援するシステム「CookSum」を提案する.本システムは,まず調理している様子を撮影し,その中で特徴的なタスクを検出し字幕を生成する.検出方法には,二次元マーカーを利用した方法と音声認識を利用した方法の2 つを採用する.さらに,動画の字幕付きの部分とそうでない部分の再生速度を変換して動画を圧縮する.このように,動画を圧縮することで短時間でレシピの概要を効率的に理解することができる.

対外発表

  • 橋本遼太朗,塚田浩二,栗原一貴: CookSum:動画レシピ作成支援システム, ソフトウェア科学会WISS2014 論文集, pp. 131-132 (Nov, 2014) [PDF]
Scroll to top