可変抵抗に操作感を付与するためのインタラクティブな機構モデリング支援ツール

低価格帯3Dプリンタの普及により,個人レベルでも様々な機構部品を設計/出力することが可能になった.しかし,一般に部品設計には専門的なアプリケーションを使いこなす必要があり,習得には多大な時間と労力が掛かる.本研究では,先行研究として提案した「可変抵抗に操作感を付与する外骨格機構」に焦点を当てた,インタラクティブな機構モデリング支援ツールを作成する.

作成した支援ツール(スライダー型可変抵抗バージョン).先行研究では,3Dモデルを作成するためにスクリプト言語(OpenSCAD)で記述する必要があった.本ツールは触覚パーツのパラメータ(位置や数,種類等)をGUIで入力するため,手軽に設計できる.


発表

  • 山本 侑吾,塚田 浩二.可変抵抗に操作感を付与するためのインタラクティブな機構モデリング支援ツール.インタラクション2022論文集,インタラクティブ発表,1D-07,pp.160-163,2022-02-28.[PDF]

二次元アイドルの衣装デザインを用いた小物制作支援システムの提案

近年,二次元アイドルという文化が登場している.二次元アイドルとは,漫画やアニメ,ゲームなどに登場する架空のアイドルのことであり,好きなアイドルを創作を通して応援する活動も盛んである.例えばアイドルの衣装をもとにした小物制作が行われている.しかし,アイドルの衣装をもとにした小物制作は衣装のデフォルメや布の選定,縫製,といった作業が必要であり,初心者には難易度が高い.
本研究では,主に裁縫初心者を対象として二次元アイドルの衣装デザインをもとにした小物制作を支援するツールを提案する.入力した衣装画像に対し画像処理を行うことでデザインの単純化や編集を支援し,作成したデザイン/縫製補助用の目印を含む型紙の生成と出力を行うことで,小物制作の負担を軽減することを目指す.

システムで作成したデザインと、UVプリンタで印刷して縫製して制作した小物(ポーチ)

発表

  • 計良 美来,沖 真帆,塚田 浩二, 二次元アイドルの衣装デザインを用いた小物制作支援システムの提案, インタラクション2020論文集,インタラクティブ発表,1B-57,pp.384-387, 2020-03-09. [PDF]

3Dプリンターを用いたギアボックス造形支援システム

3Dプリンターの普及によって,個人でも利用可能なモデリングツールが多数登場しつつある.例えば,2Dスケッチやプリミティブな3Dモデルを組み合わせてモデルを生成できるツール(例:Autodesk社 Fusion 360)や,独自のプログラミング言語によってコードを記述してモデルを生成できるツール(例:OpenSCAD)等がある.こうしたツールに習熟することで,単純なケース等はもちろん,歯車やスライドといった機構部品を設計し,3Dプリンターで出力することができる.しかし,こうしたツールの習熟には時間と労力が必要である.特に,複数の機構部品を組み合わせて実用的な機構設計を行うことは,部品の噛み合わせや組み立てを考慮する必要があり,一層困難であった.

そこで本研究では,こうした機構の例としてギアボックスに着目し,ユーザーにとって分かりやすいパラメータ(例:ギア比,外径サイズ,固定方法等)を入力として,カスタマイズしたギアボックスを手軽に設計し,3Dプリンターで一体造形可能な支援システムを提案する.今回は,遊星ギアを対象とした3Dモデル作成システムをOpenJSCADをベースで作成し,出力・組立ができることを確認した.

本システムで作成した遊星ギアの作成例


発表

  • 中川 瑠星,新山 大翔,塚田 浩二,3Dプリンターを用いたギアボックス造形支援システム,インタラクション2020論文集,インタラクティブ発表,1B-39,pp.330-334, 2020-03-09. [PDF]

先頭に戻る