モノづくりワークショップを対象とした振り返り動画作成支援システム

概要

近年,FabLab などのモノづくりコミュニティが主催する,デジタル工作機器を用いたモノづくりワークショップが頻繁に開催されている.こうしたワークショップでは,制作物だけでなく,その制作過程も重要な体験である.しかし,主催者/参加者ともに,自身の作業に追われてしまうため,制作過程を手軽に記録して振り返ることは難しい.

本研究では,こうしたモノづくりワークショップの振り返り動画の作成を支援するシステムを提案する.本システムは,「ハンズフリー/複数視点からの撮影機能」と「振り返りと一体化した動画編集機能」から構成され,動画編集機能には「ツール認識」「笑顔認識」「両手作業認識」等の画像認識を用いたシーン探索機能を備える.本論文では,システムの設計/多視点動画の分析/実装について述べる.さらに,評価実験を通してシーン探索機能の性能等を検証する.


ワークショップの多視点撮影システム.複数視点の動画を閲覧中の操作を記録することで,主観的なアノテーションを行う.

画像認識を用いたシーン探索機能の例.「利用中の工具」「両手作業」「参加者の笑顔」をタイムライン上に視覚化する.

発表

  • 中江 一哉, 塚田 浩二, モノづくりワークショップの振り返り支援システム, 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), vol.2018-HCI-177, No.6, pp.1 – 8, 2018. [PDF]
  • Kazuya Nakae and Koji Tsukada. 2018. Support System to Review Manufacturing Workshop through Multiple Videos. In Proceedings of the 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces Companion (IUI’18). Article 4, 2 pages, 2018.[PDF]
  • 中江 一哉,沖 真帆,塚田 浩二,モノづくりワークショップを対象とした振り返り動画作成支援システム,インタラクション2017論文集,インタラクティブ発表(プレミアム発表),pp.499-502, 2-509-34, Mar, 2017.[PDF]
Scroll to top