EC2017でのデモ発表

2017年9月16~18日に仙台の東北大学で開催されたエンターテイメントコンピューティング2017(EC2017)にて、下記2件のデモ発表を行いました。

  • 本間 貴士 , 沖 真帆 , 塚田 浩二,ブラインドを拡張したインタラクティブ・ディスプレイの提案,エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2017論文集, pp.446-448, Sep, 2017.
  • 杉山 圭 , 沖 真帆 , 塚田 浩二, 透紙: 紙媒体の質感を拡張する表現手法の提案, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2017論文集, pp.441-443, Sep, 2017.

なお、本間君の発表は情報処理学会東北支部賞を受賞しました。ありがとうございました。

 

ACM Interactions に記事掲載

ACM Interactions Magazine(Issue: XXIV.5 September – October 2017)の DemoHourにて、
Sparklryプロジェクトを紹介いただきました。TEI2017のArtTrackで展示したプロジェクトで、宝石のきらめきをLEDで拡張するシステムです。

  • 掲載情報
    • Hyosun Kwon, Holger Schnädelbach, Boriana Koleva, Steve Benford, Tom Schofield, Guy Schofield, Maho Oki, Koji Tsukada, Daniel Harrison, Richard Banks, Tim Regan, and Martin Grayson. 2017. Demo hour. interactions 24, 5 (August 2017), 8-11. [LINK]
      • Maho Oki and Koji Tsukada, Sparklry: Designing “Sparkle” of Interactive Jewelry
  • Web版の記事URL
  • Sparklryのプロジェクトページ

  

Ubicomp2017でのデモ発表

2017年9月13~15日にハワイのマウイ島で開催されたUbicomp2017にて、「StandOuter」のデモ発表を行いました。
StandOuterは、第三者の視線を考慮しつつ姿勢が乱れたその場を中心に悪癖の発生を通知するシステムで、修士1年の西田君が進めている研究プロジェクトです。

  • Tatsuki Nishida and Koji Tsukada, StandOuter: interactive outerwear for improving posture using self-conscious feelings, In Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp ’17). pp. 273-276, Sep, 2017.
  • StandOuterの詳細ページ

情報処理学会論文誌への論文掲載

2017年5月16日に公開された情報処理学会論文誌にて、下記論文が掲載されました。

   

本論文では、タブレット端末等のカメラ/タッチパネルからそれぞれ認識可能な二次元コード「CapacitiveMarker」を開発し、基本性能の評価およびインタラクション技法に関する議論を行いました。

筆頭著者である池田君は2014年度の卒業生ですが、他大学の大学院に移動した後に塚田研での卒研内容をまとめて論文誌に投稿し、採録されました。

松前さくらまつりでのワークショップ

GWに北海道松前郡で開催された松前さくらまつりにて、Fabに関する展示・ワークショップを行いました。具体的には、現地の桜や松前にゆかりのあるモチーフを取り入れた小物を制作するプログラムを用意し、さくらまつりの来場者の方に声を掛けて参加してもらいました。制作する小物は「桜キャンドル」「桜コースター」「松前モチーフを刻印したレザークラフト」の3種類。型などの道具はFAB機材で設計・出力しており、参加者の方々にはその旨を説明したり実際に動く機材を見て頂いて、FABでできることの一端を体験してもらいました。

 
制作物のサンプル。3Dプリンタとレーザーカッターで型・筐体・型押し器具を作成。

 

  
ワークショップの様子。キャンドルとコースターに使った花びらは、さくらまつり担当者さまから許可を頂いた現地の桜を採集しました。

 
レザークラフト(キーホルダー制作)の様子。基本は用意した型でプレスして金具を取付けるのみですが、希望者にはその場で名前の型データを作成して3Dプリンタで出力・型押しすることも行いました。

 

桜に囲まれた環境でワークショップできるのは貴重な体験でした。参加者のみなさま、準備して当日がんばった学生のみなさま、ありがとうございました。

 

SlipWatcher : スマートウォッチを利用した行動確認装置

概要

日常生活の中で何度も繰り返される行動は,無意識に行われることが多く,やり忘れが起こりやすい.さらに,実際には忘れていなくても,記憶が曖昧で不安に駆られることがある.例えば,外出する際に鍵を閉めたか,ガスの元栓は閉めたか,部屋の照明は消したか,などが心配になる場合がある.こうした状況では,現場に戻って確認すれば不安は解消されるが,現実的には困難であり,不安を抱えたまま1日を過ごすことも多い.そこで本研究では,ヒューマンエラーの一種であるAction Slipの脱落という種類のエラーに注目し,スマートウォッチやスマートフォン,RFIDを搭載した自作デバイスを活用することで,記憶の曖昧な行動を手軽に振り返ることができるシステム「SlipWatcher」を提案する.行動を記録し振り返る手段を提供することで,Action Slipへの気づきを促したり,現場に戻り行動の確認をする必要なく不安を取り除くことが期待される.

 

          コンセプト

         システム概要

 

対外発表

蛯名真紀,沖真帆,塚田浩二.SlipWatcher: スマートウォッチを利用した行動確認装置.ソフトウェア科学会 WISS2016 論文集,pp. 291-292, 2016. [pdf]

 

StandOuter:第三者の視点を考慮した姿勢改善手法の提案

概要

人間は長年の生活の中で様々な生活習慣や癖が身につくが,健康に悪影響を及ぼしたり,悪い印象を与える悪癖や悪習慣も存在する.しかし,癖の多くは無意識に現れるので,本人が気づく事は難しい.そのため,癖の矯正には,第三者から癖の発生を指摘してもらうことが大切である.また,悪癖を改善するためには,悪癖の発生時にユーザがそれを認識し矯正すること,長期的にその悪癖を改善しようとするモチベーションを保つことが重要である.
本研究では立姿勢や着座姿勢という人間の姿勢の悪癖に焦点をあてる.姿勢が悪いと肩こりや腰痛など健康に悪影響を及ぼす.また姿勢は,第三者に対して,印象形成の大きな影響を与えている.従って,姿勢は日常生活に与える影響が大きいと考えられる.第三者の視線を考慮しつつ姿勢が乱れたその場を中心に悪癖の発生を通知するシステム「StandOuter」を提案する.また,リアルタイムで第三者への通知を行うフィードバック手法の効果について評価実験を行った結果,姿勢改善の意識付けを与える効果が期待できること,第三者から矯正の指摘を受けやすくなることが分かった.

システム全体の構成図

 

対外発表

  • 西田樹,沖真帆,塚田浩二:StandOuter:第三者の視点を考慮した姿勢改善手法の提案,
    ソフトウェア科学会WISS2016 論文集,pp.305-306.[pdf]

ニセコ合宿(*^-^*)

9/6~9/8で毎年恒例のゼミ合宿に行ってきました!

今年も舞台はニセコです(^-^)

台風が来ていることもあり一時はどうなるかと思いましたが、予定通り出発です。

[9/6]

峠下ラッピにて(撮影:沖さん)

峠下ラッピにて(撮影:沖さん)

なんだかメンバーが少ないです。(笑)

行きは大雨で大変でしたが、ニセコに着く頃には落ち着いていました!晴れ男万歳!

コテージ(外観)

コテージ(外観)

無事に晴れたので、みんなでBBQの準備をして、、、

たくましい!

たくましい!

乾杯~~~~~!!(^_-)-☆

ぼけました

暗いですね(^_^;)

初日は移動とBBQで終わりました!みなさんゆっくり休みましょうと!_(_^_)_

[9/7]

二日目です!

もともと予定していたラフティングに行きました!

川に入る前の余裕

川に入る前の余裕

( 塚田先生と沖さんは別ルートでニセコ満喫していた、、、はず(*’ω’*) )

昨日の豪雨のおかげで川が増量していたので想像以上に楽しめました!!

みんないい顔です

いいね~

すがすがしい!

すがすがしい!

ちなみに、ラフティング行く前にミルク工房に寄り道しました。

シュークリームが絶品です

シュークリームが絶品です

自然最高~

自然最高~

そしてミルク工房にある「レストランPRATIVO」がとてもおいしいとラフティングのスタッフの方に

教えていただきました!ニセコ行く方はぜひミルク工房立ち寄ってみてください!(^O^)/

塚田先生と沖さんもお昼に立ち寄ったそうです!(雑貨屋さんがとても素敵とのことです♪)

ミルク工房:http://www.milk-kobo.com/

そして帰って、夜はまたBBQっっと( `ー´)ノ

昨日の余り~!

昨日の余り~!

トランプや人狼も大いに盛り上がりました~~!

ストップ

ストップ

みなさん、ゼミ合宿なのにゼミしてないじゃん~って思いましたよね、、、

やりました、やりましたよ~!

ただ写真はなかったです、でも、二日目の夜にやりました~!

関係ないけど、、、

関係ないけど、、、

そしてみなさんおやすみなさい、、、

[9/8]

最終日です!

チェックアウト済ませて、、パシャリ!

集合写真です

集合写真です

そしてニセコのおいしい水を使ったお蕎麦を食べに!

img_20160908_121829

そして解散です!

今回のゼミ合宿、交流ばっちりでした~!

全員集合できなかったのは残念でしたが、楽しい思い出になったと思います!

また来年な!

また来年な!

ばいばい~~!

 

 

 

Maker Faire Tokyo 2016

2016年8月6日-7日に東京ビッグサイトで開催されたMaker Faire Tokyo 2016にて,塚田研究室として出展してきました.

ブースでは「新山ジョイント」「FabClock」「LEGOrics」などを展示しました.

発表の様子

すだクロック

新山ジョイントについて説明する須田

発表(道貝)

FabClockについて説明する道貝.

(新山....)

説明している(?)新山の様子

一般の来場者や他の出展者(Maker),スポンサー企業の方など、多くの人がつからぼブースを訪れてくれて,大盛況でした!!

ブースに来てくれた人の中には「3Dプリンタを良く使う」「3Dプリンタに興味がある」という方が多く,新山ジョイントについて興味を持ってくれていました.

新山ジョイントで遊ぶこどもたち

新山ジョイントで遊ぶこどもたち

塚田研の先輩なども来てくれてました

塚田研の先輩や…

塚田先生の元教え子の方も見にきてくれてました.

塚田先生の元教え子の方なども見に来てくれてました.

全体的には,「面白い!」「かわいい!」「おしゃれ!」など、肯定的なコメントや意見が多かった印象です.

集合

参加メンバーはこの5人(塚田先生,沖さん,道貝,新山,須田)でした!

お疲れ様でした!

2016/3/2-4 インタラクション2016

2016年3月2日から4日にかけて東京の科学館技術館で開催された、国内学会「インタラクション2016」にて下記発表を行いました。

口頭発表(ショート)

  • 池田 昂平(※),CapacitiveMarker: 接触認識可能な2次元コードを用いたインタラクション手法
    ※現在、東京大学大学院に所属。2014年度の塚田研在籍時に行っていた研究を発表

デモ発表

  • 仲松 聡,AttachCam: センサやクラウドと連携するカメラベースのデバイスツールキットの提案
  • 今泉 友宏,日用品ドローンを用いたインタラクション手法

続きを読む