WISS2022:デモ発表・受賞

2022年12月14~16日に宮城県で開催された 第30回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2022) に参加し、デモ発表を行いました。そのうち、M2の友広さんの発表が「ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン賞」、B4の菊地君の発表が「対話発表賞(プログラム委員)」を受賞しました。

  • 友広 純々野, 塚田 浩二. WordCloudを用いたPC利用時の発話可視化手法の提案. WISS2022予稿集, 1-A04. 2022-12. 【ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン賞】 [PDF]
  • 家山 剣, 塚田 浩二. 小型ロボットとテクスチャを組み合わせた情報提示手法の提案. WISS2022予稿集, 2-B16. 2022-12. [PDF]
  • 島元 諒, 塚田 浩二. RhinestonePrinter: カスタマイズ可能なラインストーン造形手法の提案. WISS2022予稿集, T05/2-C02. 2022-12. [PDF]
  • 菊地 勇斗, 塚田 浩二. 3Dプリンタを用いた封蝋表現手法の提案. WISS2022予稿集, 3-B04. 2022-12. 【対話発表賞(プログラム委員)】 [PDF]
  • 袴田 結女, 沖 真帆, 塚田 浩二. RayLeight : レイリー散乱を用いた立体ディスプレイの試作. WISS2022予稿集, 3-A08. 2022-12. [PDF]
  • 野間 直生, 塚田 浩二. 磁性流体を用いたさりげない波紋表現手法の提案. WISS2022予稿集, 3-B12. 2022-12. [PDF]

Scroll to top