3Dプリンターを用いたギアボックス造形支援システム

概要

3Dプリンターの普及によって,個人でも利用可能なモデリングツールが多数登場しつつある.例えば,2Dスケッチやプリミティブな3Dモデルを組み合わせてモデルを生成できるツール(例:Autodesk社 Fusion 360)や,独自のプログラミング言語によってコードを記述してモデルを生成できるツール(例:OpenSCAD)等がある.こうしたツールに習熟することで,単純なケース等はもちろん,歯車やスライドといった機構部品を設計し,3Dプリンターで出力することができる.しかし,こうしたツールの習熟には時間と労力が必要である.特に,複数の機構部品を組み合わせて実用的な機構設計を行うことは,部品の噛み合わせや組み立てを考慮する必要があり,一層困難であった.

そこで本研究では,こうした機構の例としてギアボックスに着目し,ユーザーにとって分かりやすいパラメータ(例:ギア比,外径サイズ,固定方法等)を入力として,カスタマイズしたギアボックスを手軽に設計し,3Dプリンターで一体造形可能な支援システムを提案する.今回は,遊星ギアを対象とした3Dモデル作成システムをOpenJSCADをベースで作成し,出力・組立ができることを確認した.


 

発表

  • 中川 瑠星,新山 大翔,塚田 浩二,3Dプリンターを用いたギアボックス造形支援システム,インタラクション2020論文集,インタラクティブ発表,1B-39,pp.330-334, 2020-03-09. [PDF]
Scroll to top