作成者別アーカイブ: OkiMaho

EC2017でのデモ発表

2017年9月16~18日に仙台の東北大学で開催されたエンターテイメントコンピューティング2017(EC2017)にて、下記2件のデモ発表を行いました。

  • 本間 貴士 , 沖 真帆 , 塚田 浩二,ブラインドを拡張したインタラクティブ・ディスプレイの提案,エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2017論文集, pp.446-448, Sep, 2017.
  • 杉山 圭 , 沖 真帆 , 塚田 浩二, 透紙: 紙媒体の質感を拡張する表現手法の提案, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2017論文集, pp.441-443, Sep, 2017.

なお、本間君の発表は情報処理学会東北支部賞を受賞しました。ありがとうございました。

 

ACM Interactions に記事掲載

ACM Interactions Magazine(Issue: XXIV.5 September – October 2017)の DemoHourにて、
Sparklryプロジェクトを紹介いただきました。TEI2017のArtTrackで展示したプロジェクトで、宝石のきらめきをLEDで拡張するシステムです。

  • 掲載情報
    • Hyosun Kwon, Holger Schnädelbach, Boriana Koleva, Steve Benford, Tom Schofield, Guy Schofield, Maho Oki, Koji Tsukada, Daniel Harrison, Richard Banks, Tim Regan, and Martin Grayson. 2017. Demo hour. interactions 24, 5 (August 2017), 8-11. [LINK]
      • Maho Oki and Koji Tsukada, Sparklry: Designing “Sparkle” of Interactive Jewelry
  • Web版の記事URL
  • Sparklryのプロジェクトページ

  

Ubicomp2017でのデモ発表

2017年9月13~15日にハワイのマウイ島で開催されたUbicomp2017にて、「StandOuter」のデモ発表を行いました。
StandOuterは、第三者の視線を考慮しつつ姿勢が乱れたその場を中心に悪癖の発生を通知するシステムで、修士1年の西田君が進めている研究プロジェクトです。

  • Tatsuki Nishida and Koji Tsukada, StandOuter: interactive outerwear for improving posture using self-conscious feelings, In Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp ’17). pp. 273-276, Sep, 2017.
  • StandOuterの詳細ページ

情報処理学会論文誌への論文掲載

2017年5月16日に公開された情報処理学会論文誌にて、下記論文が掲載されました。

   

本論文では、タブレット端末等のカメラ/タッチパネルからそれぞれ認識可能な二次元コード「CapacitiveMarker」を開発し、基本性能の評価およびインタラクション技法に関する議論を行いました。

筆頭著者である池田君は2014年度の卒業生ですが、他大学の大学院に移動した後に塚田研での卒研内容をまとめて論文誌に投稿し、採録されました。

松前さくらまつりでのワークショップ

GWに北海道松前郡で開催された松前さくらまつりにて、Fabに関する展示・ワークショップを行いました。具体的には、現地の桜や松前にゆかりのあるモチーフを取り入れた小物を制作するプログラムを用意し、さくらまつりの来場者の方に声を掛けて参加してもらいました。制作する小物は「桜キャンドル」「桜コースター」「松前モチーフを刻印したレザークラフト」の3種類。型などの道具はFAB機材で設計・出力しており、参加者の方々にはその旨を説明したり実際に動く機材を見て頂いて、FABでできることの一端を体験してもらいました。

 
制作物のサンプル。3Dプリンタとレーザーカッターで型・筐体・型押し器具を作成。

 

  
ワークショップの様子。キャンドルとコースターに使った花びらは、さくらまつり担当者さまから許可を頂いた現地の桜を採集しました。

 
レザークラフト(キーホルダー制作)の様子。基本は用意した型でプレスして金具を取付けるのみですが、希望者にはその場で名前の型データを作成して3Dプリンタで出力・型押しすることも行いました。

 

桜に囲まれた環境でワークショップできるのは貴重な体験でした。参加者のみなさま、準備して当日がんばった学生のみなさま、ありがとうございました。

 

2016/3/2-4 インタラクション2016

2016年3月2日から4日にかけて東京の科学館技術館で開催された、国内学会「インタラクション2016」にて下記発表を行いました。

口頭発表(ショート)

  • 池田 昂平(※),CapacitiveMarker: 接触認識可能な2次元コードを用いたインタラクション手法
    ※現在、東京大学大学院に所属。2014年度の塚田研在籍時に行っていた研究を発表

デモ発表

  • 仲松 聡,AttachCam: センサやクラウドと連携するカメラベースのデバイスツールキットの提案
  • 今泉 友宏,日用品ドローンを用いたインタラクション手法

続きを読む

2015-12-19 GUGEN2015

2015年12月19日、秋葉原秋葉原コンベンションホールで開催されたハードウェアコンテスト「GUGEN2015」の展示会にて、研究で試作した下記デバイスをデモ展示しました。

DSC00216 (Small) DSC00231 (Small)
会場の様子(左)、特別講演1で「Orphe」について語る株式会社 no new folk studioの金井さん(右)

DSC00241 (Small) DSC00273 (Small)
展示中のFabClock(左)、FingerPhoneとAnimalCatcher(右) 続きを読む

2015/12/2-4 WISS2015

2015年12月2日~4日に、大分県別府湾ロイヤルホテルで開催された国内学会「WISS2015」にて、学生5名が下記デモ発表を行いました。

  • 太田 啓介,FabClock: 柔軟な時間表現を行う壁時計ツールキットの提案 [PDF]
  • 堂林 まどか,Sync ☆ Idol:ライブアイドルとファンを盛り上げるライブ支援装置 [PDF]
  • 新山 大翔,ファブ時代に適した新たなジョイント機構の提案 [PDF]
  • 道貝 駿斗,SomaticBall: 身体とボールの関係を制御するシステムの提案 [PDF]
  • 仲松 聡,AttacheCam: センサやクラウドと連携するカメラベースのデバイスツールキットの構築[PDF]

続きを読む

2015-09-26 World MakerFaire2015 NYC

2015年9月26~27日に ニューヨークで開催されたWorld Maker Faire New York 2015 にて、ファブリケーション支援システム「fabnavi」を展示してきました。

会場はNew York Hall of Science(ニューヨーク科学博物館)。
広大な敷地内で大規模~小規模な作品展示や販売/ワークショップ/トークイベントが行われました。

DSC00768 (Small) DSC00799 (Small)
DSC00807 (Small) DSC00798 (Small)
DSC00752 (Small) DSC00744 (Small)
DSC00828 (Small) DSC00831 (Small)
屋外の様子(火を噴き腕が動く大型ロボット、シャボン玉が湧き出るスペース、ドローンレース、ミニカー?を作ってレーンで走らせるワークショップ、テスラコイル、3Dプリントミニドール、不思議な乗り物で遊ぶ子供) 続きを読む

2015-09-01 takramワークショップ@HIS2015

ヒューマンインタフェース学会主催の年次研究発表大会、ヒューマンインタフェースシンポジウム2015(HIS2015)が、2015年9月1日(火)から4日(金)にかけて、はこだて未来大学で開催されました。
HISのプログラムの中のワークショップの一つ「takram design engineeringメソッドワークショップ」に、塚田研から学生4名と研究員の沖が参加したのでレポートします。

本ワークショップは、デザインとエンジニアリングを駆使して、様々な企業と連携した試作や製品開発で知られる気鋭のデザイン会社「takram design engineering」から、神原啓介さんと西條剛史さんを講師としてお招きし、同社のプロジェクトで実際に運用されているデザインメソッドの一端を体験することができました。

今回のテーマとしては、現実的な問題解決や製品開発において立ちはだかる「新規性と実用性の壁」が
取り上げられました。単に「新しい」「面白い」だけでは実用的な問題解決になりませんが、実用的なだけでは代わり映えのしないつまらないものになりがちです。この問題を解決するアプローチとして、「隣にいる人のためにものを作りプレゼントする」という手法が紹介されました。

DSC00279 (Small)今回のテーマについて説明する講師の神原さん 続きを読む